ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > 肌日記 > 2016/11/14 肌の状態。ロゼックスゲル使用中。
2016
11/14

2016/11/14 肌の状態。ロゼックスゲル使用中。

この記事では皮膚炎の肌の状態を掲載しています。そのような画像が苦手な方は閲覧にご注意ください。
※画像の転載は固く禁止します。

寒い時期の顔色の変化とロゼックスゲルの使用感

こんにちは。もう真冬!?というくらい寒~い日も増えてきましたね。でも先日、寒い日に鍋を食べたら鼻~頬が真っ赤になってしまってすごく後悔。。酒さだとそんな方も多いのではないでしょうか。
普段の状態はかなり落ち着いてきたのに、きつい運動、何かに集中して作業する、温かい汁ものを食べる、暖房の効いた部屋に入る、、この辺りは相変わらず顔が真っ赤になってしまいますね。冬に鍋を心から楽しめないのはつらいです(´・ω・`)

とは言え、その辺りに気を付けていればかなり良い肌の状態を保つことができています↓

11-14-face

カメラで撮ると赤みの名残が少し感じられますが…。以前にロゼックスゲルを再び使い始めたよという記事を書いたと思うのですが、塗り始めてからそろそろ1か月弱かな?全体的な細かいプツプツを抑えてくれているような気がします。プロトピックの時のように塗らなければ悪化するというようないわゆる依存状態でもなく、アゼライン酸の時のような塗り続けると乾燥が進むという事もなく、むしろ乾燥にも効果があるのかな?というくらい、塗りはじめに突っ張って粉拭き状態だったものが落ち着きました。
乾燥に効果があるというよりは荒れを抑える事がカサカサを防ぐ事に繋がってるのかな?ブツブツが発生した後は乾燥して皮むけするなぁと以前から思ってました。

ここ一か月は波が無く、ずっと良い状態のまま保てているというのがこれまでとの大きな違い。サプリとか他の物の影響もあると思うので、ロゼックスゲルは塗る頻度を減らしていったりして今後様子を見たいと思っています。

続けているサプリメント

サプリメントも色々と取捨選択を重ねて大体内容が固まってきました。夏の終わりから飲み始めたパントテン酸(通常よりも高用量)でかなり肌質が変わった実感があったので『パンテチン』に変えて飲み続けています。パントテン酸だと働く過程でシステインを消費するというので変えました(実際酒さのプツプツではないニキビが増えた)。私みたいな脂質異常症が酒さに繋がってるかも?という方は試してみてもいいのではと思います。パントテン酸についても機会があればまた詳しく書きますね。

そして乳酸菌は数か月前から全部やめました。一旦お腹の調子が落ち着いてからは飲むのをやめても特に問題ないみたい。私の場合。

食事に関してはかなり制限をゆるめても大きな変化はなくなってきました。今野菜の価格が高騰してたりでメニューを考えるのが大変だったりしますが、食物繊維のパウダーやサプリも組み合わせながらゆるゆるとやっています。加工品などもあれば無添加のものを選び、後は原材料名の欄をじっくり見て、お財布とも相談して、ちょうどよいものを購入したりしています。何も気にしないよりはこうやって意識して選ぶのも意味があると思います~。

色々な方とやり取りしているとみなさんそれぞれに工夫や努力をされて酒さと闘っているのだなぁと感じます。鏡を見て落ち込む日が一日でも少なくなるように、私も引き続きがんばっていきたいなと思います(*^-^*)

公開日:
スポンサーリンク

Comments

  • こんにちは、kaikoです。
    なつさん、肌が落ち着いてきて良かったですね。
    写真でみても綺麗ですね〜。
    この時期のなつさんの肌にロゼックスが合うんでしょうね。

    私は、相澤皮膚科に行ってきました。
    知識量は、今までの医者とは比べものにならない程いろいろ教えてくれました。

    大学病院の医師に酒さと言われてましたが、
    相澤先生は、酒さ様皮膚炎だと。
    この病気は、治りやすいタイプと治りにくいタイプがあり私は治りにくい方らしいです。

    ただ、何人も酒さ、酒さ様をみて治りにくいけど結果がでる漢方の組み合わせがあるから二週間頑張ってみましょう!と言われ、久しぶりにやる気がでてきました。
    頂いた薬は、漢方三種類とフラジール、 軟膏はワセリン。また結果をお知らせしますね〜。
    良くなりますように…

    • kaikoさんこんにちは!
      ありがとうございます。少し前はここまで症状が落ち着くなんて思って無かったので、色々とやってきた事の結果が出ているのかなとひとまず思っています。

      相澤皮膚科へ行ってこられたんですね~!酒さ様皮膚炎に治りやすいものと治りにくいものがあるとは。。何が違うんだろう…?
      酒さに結果が出る漢方の組み合わせなんて、これまでの多く酒さの患者を診てきた経験があればこその処方なのでしょうね。ものすごく興味深いです!酒さに効果があるとされる漢方もいくつかありますけど、飲み合わせでも結果が変わったりするのかなと思うとやっぱりきちんと診てもらえる方が安心できるなぁと思いました。

      治療へのモチベーションを上げてくれるような言葉をもらえるのもいいですね。経験が少ない医師だと出てくる言葉も消極的で診察後に余計不安になったりもありましたし。。
      結果、お待ちしてますね。新しい話が色々と聞けて勉強になりました!ありがとうございますヽ(´▽`)ノ

  • 初めてコメントをします。
    4月から酒さ様皮膚炎の治療を始め、現在は随分と良くなり、お化粧、低刺激のスキンケアも出来るようになりました。
    相澤皮膚科のお話が出てきたので、思わずコメントしました。
    わたしも最初に受診したのは相澤皮膚科で、恐らく同じ漢方三種類とフラジールを処方され、二カ月間飲んでいました。
    症状は良くなったり悪くなったりで、通院のたびに、そんなにすぐに良くなる病気ではないと言われ、同じ薬を飲み続けました。
    流石に不安になり、大学病院の東洋医学科(漢方外来)にかかったところ、漢方の種類が多すぎることを心配されました。組み合わせがあまり良くないと。
    そして、血液検査をしたところ、肝機能の数値が高めになっており、フラジールを止めたところ、正常に戻りました。抗生物質を長期間服用したせいだと言われました。
    それからは、桂枝茯苓丸薏苡仁のみ服用し、プロバイオティクスのサプリを飲んで腸内環境を良くすることを心がけました。ビタミンやセラミドのサプリも飲んでいます。
    スキンケアも試行錯誤を繰り返し、とても良いものに出会え、少しずつですが、見違えるほど肌が良くなりました。

    良いことが人によって違うのは重々承知していますが、わたしのようなケースもあることをお知らせしておきたいと思います。

    • ことりさんはじめまして。
      治療の経緯を教えてくださりありがとうございます。抗生物質の長期服用は医師によっては問題ないと言ったりするようですが、実際に肝機能が悪くなるならダメですね…。漢方の方も、実際の処方の内容はわかりませんが東洋医学の専門からするとまた違った見方になるんですね。
      メリットデメリット両方知った上で治療法を選択することは大切だと思うので、こういったお話が聞けてとてもありがたいです。治療に疑問を持ったらそのままにせずに自分で動くことも必要ですね。

      ことりさんは治療を始めて半年くらいで良くなられたとの事で、うまくご自分に合った方法を見つける事ができたのですね~!
      もしよければスキンケア方法も教えていただければと思います。気が向いたらで構いませんので。

  • 初めましてこんばんは
    私は自分の肌に関して調べ続けてきてこのサイトを見つけました。
    迷惑でしたら返信大丈夫ですので一応私の考えを書かせていただきます。
    私もサプリなどいろいろ試してきて最近やっと痩せ型で食べても太らない自分の体質に注目しました。痩せ型の人は酵素不足で上手くタンパク質などを分解できないようです。なつさんはプロテインを続けているようですが酵素不足でタンパク質を分解出来なければ意味がないので強力わかもとなどの消化を助けるサプリをとってみてはいかがでしょうか。
    私は自分がプロテインが分解出来ずにアミノ酸不足になっているんじゃないかと思い、初めにプロリンを試してみました。そしたらかなり肌質が変わったのですがアミノ酸には1種類を過剰にとると他を阻害する効果があるそうなのでディアナチュラの39種のアミノ酸、消化を助ける強力わかもと、ビタミンcを初めて四日になります。後々経過を書こうかと思います。今はアミノ酸と消化酵素に注目して試してます。
    あとパントテン酸を過去2ヶ月ぐらい服用したときがあったのですが私の場合は皮脂の減少、肌質の変化がみられず断念しました。

    • 中野さんはじめまして。
      消化酵素に関しては私も試した事があって、このブログでも以前記事にした事がありました。グルテンや乳糖も自分がそれに対する消化酵素を持っていなければ体の負担になるだけですものね。それは理解しているつもりです。アミノ酸の桶の理論も目を通してプロテインを選びました。
      私の場合は消化酵素で逆に不快感が出たり、普段から特に消化不良のような症状も出ていないので消化酵素不足の可能性は除外した経緯があります。パントテン酸も血液検査で脂質異常症と診断されたので効果があるのではと思って始めたもので、何より今は肌の状態が落ち着いているので現在行っている方法でひとまず様子を見るつもりでいます。
      このブログは特定の健康法を勧める目的のものではないですし、私の肌の変化と行った事の記録を個人の1つのケースとして綴っているものですのでそのように受け止めていただければうれしいです。どんなものでも個人差や、時には全く逆効果の結果が出たりしますもんね。それも踏まえてうまく伝わるように記事を書いていきたいです。私の場合とは違った結果を報告してくださる事はむしろありがたい事だと思っていますので、迷惑だなんて事はありませんよ。

  • なつさん、こんばんは。
    セカンドオピニオン行ってきました‼
    今はプロトピックで症状がおさまっているので先生も一過性のものだったんちゃうかなーと。
    酒さとかには見えないけどーとのことでした。
    今はプロトピックで赤みがないのでまー当然の返答、、なのでしょうか。。
    プロトピックを塗っていなかったおでこにはここ1、2週間で大量のプツプツが涙
    ニキビだそうなんですが、今までニキビはできやすい方でしたがこんなにいっせいにできたことはなかったのでびっくりしています。
    なつさんは、ロゼックスを使われて調子がいいそうで( ´∀`)良かったですね‼
    なつさん、ご相談なのですが私は京都在住です。ロゼックスなど酒さに効果のある薬を扱っている皮膚科に行きたいのですが、なつさんが行かれている皮膚科を教えていただくことは可能でしょうか?!
    いつも話を聞いて頂き丁寧に返信も頂き、大変あつかましいのですが是非ご検討よろしくお願いしますm(__)m

    • ぷりんさん
      セカンドオピニオン行ってこられたのですね~!でもそうですね、薬で症状が治まっているうちは酒さかどうかの判断が難しいですよね。私もプロトピックやステロイドを塗っている間は嘘みたいにきれいな肌に戻っていました。。
      そして塗っていない場所にもプツプツが発生し始めたというのも当時の私の状況とよく似ています。酒さのせいなのか、薬の副作用みたいなものなのか、結局分からずじまいですが(塗っていない場所に副作用が出る事なんてない!と当時通っていた病院では否定されました)

      ロゼックス、今は使わなくても大丈夫なくらいになりました!ロゼックスゲルとアゼライン酸は酒さだったらまずは一度試してみるべき外用薬だと思います(*´∪`*)
      私がロゼックスを処方してもらった病院、特定の先生でないとちゃんと出してもらえないと思うので、よければコメント投稿時に入力していただいているメールアドレスの方へ詳細を送らせてもらいます。それでよければお手数ですがもう一度コメントください。よろしくお願い致します(○・v・)∩

  • なつさん、ありがとうございます‼
    なつさんと症状が似ているのですね‼
    ニキビといわれたらニキビなのかと、思うしかなかったり、もぅわけがわからなくなりす。
    是非メールをお願いしたいです‼
    本当お手数かけますが宜しくお願いします‼
    本当にありがとうございます‼

    • ぷりんさん
      先ほどメールを送りましたのでご確認ください~!
      私も酒さと診断される前はニキビや脂漏性皮膚炎と言われて色々な治療を受けました。。病院選びは本当に重要だと思います。早くもやもやが晴れるといいですね(´-ω-`)

現在コメント機能は休止中です。