ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > スキンケア・ヘルスケア > 何もしないスキンケア。というか何もできないこの肌。
2016
02/20

何もしないスキンケア。というか何もできないこの肌。

酒さ治療中の方は普段どのようなスキンケアをされているんでしょうか?私は酒さになってからほとんどの化粧品、保湿剤が合わなくなってしまいました…。
酒さになる前は毎日メイクをして、1日の終わりにクレンジングをして、洗顔フォームで洗顔したら化粧水とクリームで肌を整えるっていうごくごく普通な生活を送っていたのですが、今は全く違う生活です。

まずメイクはどれもプツプツが出て乾燥したりかゆくなったりするので今は常にすっぴん。
特にクレンジングの刺激がかなり肌の負担になりるような感じでした。石鹸で落とせるようなミネラルファンデも試したりしましたが、これもやっぱり同じ。付けてしばらくすると口周りからかゆみとプツプツが。パウダー系は乾燥しやすいからでしょうかね?

化粧水やクリームも赤く腫れたり、肌が熱くなってかゆみが出るようになってしまいました。とりわけ油分を含むものはほんのちょっと付けただけでも酒さの症状がものすごく悪化します。
皮膚科で処方してもらえるヒルドイドやワセリン、これもダメで、病院でも「これがダメならもう出せるものはないよ」と言われてほんとにどうしようもなかったです。

何もしないというスキンケア法

自分に合う化粧品が見つからずに困っていた頃、水洗顔や肌断食、脱保湿というような、スキンケアをやめる系のスキンケア方法に出会いました。
おぉ~!これならできるかもしれない!というかむしろこれしか方法がない!ということで実際にこれらのスキンケア法を取り入れる事に。
洗顔料を使わないとか、洗顔後全く保湿剤を付けないとか、肌の状態を観察しながら数か月続けてみました。いいなと思う部分、やっぱり合わないなと思う部分どちらもあったので、少しづつ自分に合うようにアレンジを加え、今は次のようなスキンケアに落ち着いています。

  • 1日2回朝夜石鹸で洗顔
  • 乾燥する季節は夜だけ石鹸洗顔。朝はぬるま湯洗顔
  • 洗顔にお湯や冷水は使わない
  • 洗顔後はグリセリンを入れただけの手作り化粧水

sorp

皮脂が酸化して肌の上でトラブルを起こしているような酒さの場合、やっぱり洗顔料を使ってしっかり落とす事は必要なのかなと思い、できるだけ成分のシンプルな固形石鹸で洗顔することに。
化粧水も成分を減らして減らして今は精製水に植物性グリセリンを入れただけの超シンプルなものだけ。皮脂の多い時期にビタミンC誘導体をプラスするくらい。油分は全く付けない。
これでスキンケアで悪化することはなく、季節なりに乾燥したり皮脂が増えたり、ニュートラルな状態をなんとか保てているという感じで、あとは自分の回復力でなんとか少しづつでもきれいになっていってくれれば!と願っているところです。

まとめ

今は自分なりにアレンジしてスキンケアをしちゃってますが、何もしない系のスキンケア法の考え方自体はとても参考になりました。
もし自分に合う化粧品がある場合は無理に変えずにそのまま続けていいと思います。でももし私みたいに何も合わなくなったって方がいたら、このようなシンプルなスキンケア法を参考にしてみてください~。

公開日:2016-2-20
スポンサーリンク
現在コメント機能は休止中です。