ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > スキンケア・ヘルスケア > 乾燥肌・敏感肌な酒さにも優しい洗顔石鹸を探す
2016
05/11

乾燥肌・敏感肌な酒さにも優しい洗顔石鹸を探す

私は酒さになってからずっと洗顔は石鹸派です。これまで使っていた洗顔フォームも合わなくなり、かと言って水洗顔も合わず、色んな洗顔料を試して一番自分の肌に合ったのがせっけん素地100%の無添加せっけんでした。

とにかく何が肌に合ってないのか全く不明だったので、まず合成界面活性剤入りのものは避け、敏感肌用の化粧石鹸をいくつか試し、そして最終的にせっけん素地100%の石鹸へ行きついたのですが、これも原料の油脂の種類が色々。オリーブオイルとか、パーム油とか、ナッツ系のオイルとか。それで合わない場合もあると思うのですが、私にとってもっと重要なところはphだったりします。今回はその話。

石鹸はアルカリ性

洗顔用に売られている純石鹸は大体少しマイルドに弱アルカリ性に作られていると思います。人の肌は弱酸性なので、同じく弱酸性の皮脂汚れなどを洗い落とすにはアルカリ性の力が必要。弱酸性の石鹸も売られていますが、石鹸を弱酸性にするためにどうしても色々な成分を加える必要があり、洗浄力を確保するために結局合成界面活性剤が使われていたりもします。だから私は成分がシンプルな弱アルカリの石鹸派。

釜炊き(ホットプロセス)製法とコールドプロセス製法

石鹸の作り方には『釜炊き(ホットプロセス)製法』と『コールドプロセス製法』の2種類があって、コールドプロセス製法では原料の脂肪酸から保湿成分の『グリセリン』を多く残したまま石鹸にできるので、洗い上がりがしっとり。でも作るのに時間がかかるためその分高価。しかも脂肪酸からグリセリンができた時の片割れ『遊離脂肪酸』も多く石鹸に残るので、これが刺激になったり毛穴詰まりを起こしたりする事がある。
だったらもう石鹸は汚れを落とすことに専念してもらって、保湿はその後の基礎化粧品でやればよくない?という事で私は釜炊きの石鹸派。

石鹸のph

でも弱アルカリ性と言ってもアルカリの強さは石鹸によって微妙に変わってくる。この微妙な差がお肌への影響をかなり大きく左右します。

ph-checker

画像の上からグリセリンソープ、ベビーソープ(泡タイプ)、今使ってる固形石鹸、ラロッシュポゼのダーモクレンザー。ダーモクレンザーはソープフリーの洗顔料なので試験紙の色も変わらずほぼ中性。
緑の青みが強くなるほどアルカリが強いって事なので、できるだけ黄みの強い黄緑色になる石鹸が私の理想。今使ってる固形石鹸が一番黄緑っぽいです。今使ってるのは『ミヨシの無添加白いせっけん』。

これでも冬は乾燥するので、もうちょっと黄色っぽく出る石鹸が欲しい。試しにグリセリンソープにクエン酸を溶かして石鹸を作ってみたけど、全く泡立たないわけのわからない物体ができあがってしまったので、これは保留。
次に長く熟成させると石鹸のアルカリがマイルドになると聞いたので、『丸三年熟成石鹸』ってやつを買ってみた。乾燥しきったカッチカチの不思議な石鹸でした。

soap soap-ph

ph測ってみたら他の石鹸と全然変わらない…。試しに洗顔してみたらごっそりと角質が取れて肌からたくさん消しカスのようなものが…。結局今使っているのが一番。という事になりました。また余力があれば他のも買って試してみようと思います。

肌がダメージを受けすぎている場合は石鹸は注意

でも極端に肌がボロボロとか、乾燥がひどい場合はやっぱりアルカリが刺激になりまる事も。洗顔後に多少つっぱるのは肌の正常な反応なのでその程度は様子見ながら使っても大丈夫らしいのですが、痛みがあったり乾燥が激しくなる場合はまだ石鹸が使える状態ではないと思うので、もっとマイルドな洗浄料を使う事をおすすめします。

肌がなかなか弱酸性に戻らなくてトラブルが起こるような場合は化粧水などを弱酸性のものにするという手もアリ。健康なお肌に戻れば自然に皮脂が出てお肌を弱酸性に戻してくれるようになります。地道に肌力高めよう~。

ph試験紙は石鹸のphチェックや化粧水作りの時にも役に立つので用意しておくと便利ですよ!80枚入り150円くらいで買えます。

公開日:
スポンサーリンク

Comments

  • 酒さの改善に効くシーバックソーン(シーベリー)の石鹸が北海道にあります。シーベリーのフレッシュ果実のスムージー作って飲んでいますがアトピーの調子よいですよ。

    • さとうさんはじめまして
      シーバックソーン、脂溶性のビタミンを多く含んでいるなんて珍しい果実ですね…!確かに酒さに良さそうな成分もたっぷりで、ぜひ新鮮なものを食べてみたいです!この辺りでも北海道の物産展などがあれば行って探してみます。
      アトピーの方のケア方法もいつも参考にさせていただいています。素敵な情報、ありがとうございます!

現在コメント機能は休止中です。