ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > 酒さに関すること > 酒さになってから守っている洗顔のルール
2016
04/21

酒さになってから守っている洗顔のルール

酒さになるとそれまで普通にやってきたスキンケアが刺激になってしまう事ってありますよね。私も色々と洗顔方法やスキンケアを変えてきました。みなさんは何かこれは絶対!というようなケア方法はありますか?
私は洗顔料を変えたり、洗顔の回数を変えたりその時の状態に合わせて洗顔方法を色々変える中、これだけは絶対に変えてない!というものがあります。それは『冷水で洗顔をしない』という事。

酒さになる前は洗顔の時の水温なんて何も気にしてなかったし、冷水で洗顔するのがすっきりして気持ちいいと思う事もありました。でも酒さの肌に冷水洗顔はそれだけで刺激になっちゃうんですよね。特に血管に良くないっぽい。

冷水洗顔は赤ら顔の原因に

肌の赤みって冷やすと一時的にマシになりませんか?でもその後また急激にほてりが戻ってきてさらに赤くなったりした事はないでしょうか?私はそれで冷やすのは良くないのでは…と感じていました。血管が収縮したら次は拡張が起こるっていうのはここでも同じなのでしょうね。

酒さでも、炎症で血管が弱って拡張してしまっていたり、皮脂腺の発達と共に毛細血管が増えて赤みをもたらしていたりと毛細血管が関係しているケースも多いように思います。そこにさらに刺激を与える冷水洗顔はやっぱり、悪化させてしまう可能性があると思うのです。
氷を直接肌に乗せてクルクルする美容法もあるみたいなんですが、もし私があれをやったらどうなるのだろう…。
ほんと肌って人それぞれだね。

洗顔は刺激を感じない温度で

私の今の洗顔時の水温は、『冷たいとも暖かいとも感じない温度』が基本。皮脂が多い日はそれより少し高め。乾燥気味なら少し低め。そんな感じで洗顔しています。それでも毛穴の開きは無くなったし(ステロイドで悪化した時、しばらく毛穴の開きがひどかった)、刺激を与えないのが一番酒さには良いように思います。

あ、でもかゆみがある時、この時だけは冷やすのもいいと思ってます。かゆみがあって触ってしまうとか、イライラしてしまう時はアイスパックを優しいガーゼにくるんで温度調節して肌に当てる。冷やし過ぎないように気を付けて落ち着かせるのは良い方法だと思います。

洗顔方法は肌に触れずに優しく

私はずっと純石鹸で洗顔しています。愛用しているのはミヨシの『白いせっけん』と100均で売ってる適当な泡立てネット。石鹸は石鹸カスが肌に残るのでトラブルを起こすとか、脱脂力が強くて乾燥するとか見た事があったのでずっと避けていたのですがいざ使ってみると私の肌にはこれが合いました。硬水だとミネラルが多くて石鹸カスが残りやすいとの事なので、お住まいの地域によっても石鹸が合う合わないがあるのではと思います。
肌の状態によって夜だけ石鹸洗顔、朝晩石鹸洗顔、朝晩水(ぬるま湯)洗顔と面倒ですが変えています。皮脂や汚れが残るのもダメ、乾燥させてしまうのもダメ。この加減はとっても難しいです。

洗い方はごく普通。泡立てネットで石鹸をよく泡立ててその泡を押し当てるようにして洗います。肌に手が触れないように、擦らないように。肌に乗せている時間もあまり長くならないようにして、すすぎ残しが無いようにしっかりすすぐ。シャワーで直接流すのは刺激が強いので手ですくってすすぎます。最悪に荒れている状態から回復するまでずっとこの方法でした。

石鹸は保管方法も重要なので、錆びない、洗いやすい、水が溜まらないものを選ぶとよいです。FLOWのソープトレーがシリコン製で水はけも良くておすすめです。よく乾燥する場所に置いて、雑菌が繁殖しないように保管しましょう~。

公開日:2016-4-21
スポンサーリンク
現在コメント機能は休止中です。