ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > スキンケア・ヘルスケア > ピロリ菌が見つかったので除菌する事になりました~
2016
05/06

ピロリ菌が見つかったので除菌する事になりました~

ピロリ菌がおりました。胃の中に。
連休前に胃痛で病院へ行き、即日胃カメラ(内視鏡)で胃の壁をちょっと採って検査してもらっていました。
でも胃炎の薬をもらって飲んでいたのに全然胃痛が治まらなかった…おかげで連休中もずっと家でおとなしくしていました。
で今日朝一で検査結果を聞きに行ったら「ピロリ菌が増えてるね」と。いるもんなんですね。ピロリ菌。
なのでこれから1週間服薬で除菌です。

ピロリ菌と顔の湿疹

以前『酒さの原因『胃腸関連』編』でピロリ菌の事を書いて以来ほぼほぼ忘れかけていた酒さとの関連。これで『ピロリ菌が酒さの原因説』を自分の体で検証できるじゃない!とちょっとワキワキしております。

胃炎で苦しんでいる間に顔がまた悪化してきていたので変化がわかりやすそうだし、ちょうどいいや。悪化は白米のおかゆとバナナとりんごと卵とヨーグルトに頼った食生活になったせいか…単に体調が悪かったせいか…とりあえずこれもメモ。そして除菌薬を飲むので腸内細菌たちともまたさようならですね…。1週間で成功したらいいなぁ。しばらくは胃の調子優先で少しずつ食事療法メニューに戻していきたいと思います。

そして病院でも、「ピロリ菌除菌したら顔の湿疹治る人もいるんだよ」という話をされました。ここの先生、酒さの事をとても心配してくれます。皮膚科の先生も「酒さの人は胃炎持ち多いんだよ」って言ってたし、何かいい手掛かりになるといいな~。

ところでクラリスを飲んだ事があるとピロリ菌に耐性ができていて除菌失敗する事があるって今見たのだけど…酒さの治療でクラリスを長期に飲んだ事がある私は大丈夫なんだろうか…

ピロリ菌の感染源

ピロリ菌は胃酸の弱い幼児期に感染する事が多いらしいのですが、胃腸科の先生に「ピロリ菌って大人になってからも感染しますか」って聞いたら「可能性はある」との事でした。日本の水道環境ではあまり考えられないそうなので、海外へ行った事があるとか、井戸水を飲んだり使ったりとか、急に免疫が落ちたり、そういう機会があれば大人でも感染する可能性はあるそうです。

私の場合はどこだろうなぁ。昔祖父母の家で山から引いた水で冷やしたスイカとか食べてたからその時かなぁ。でも井戸水じゃないしなぁ。身近に無いといいけど…。除菌したのにまた感染したらやだな。何より菌が耐性持つのが一番怖い。

ピロリ菌の検査

胃が痛いな~と病院へ行ってすぐに胃カメラ検査になる事はあまりないかもですが、私の場合は父が胃がんで手術した事があった(スキルス胃がんでしたが手術から5年以上経って今も元気です)+朝食を食べていなかった事もあって「じゃあ連休前にスッキリしておこうか」と胃カメラ検査してもらいました。でも正直ピロリ菌がいるなんて思って無かった…。

除菌できたらマヌカハニーで予防したいなぁと思うけど、高い。昔からあんなに高かったっけ。リーキーガットやカンジダの食事療法でも唯一許される甘味料(ダメって書かれているところもあるけど)だけど、どうしてあんなに高いのか~(´;ω;`)

関連:酒さとピロリ菌の関連

追記

除菌が完了したので除菌の流れや費用を下記にまとめました!
まとめ:ピロリ菌除菌成功!除菌完了までの流れと費用のまとめ

公開日:2016-5-6
スポンサーリンク
現在コメント機能は休止中です。