ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > 酒さに関すること > 酒さに関連して受けた検査の内容まとめ
2016
07/27

酒さに関連して受けた検査の内容まとめ

このブログを始めてから酒さの原因を探ろうと色々と検査を受けてきました。それらの結果もほぼ出揃いこれからの治療生活の方針が固まってきたので、ここで受けた検査の内容をまとめてみたいと思います。

自己免疫に関する検査

皮膚エリテマトーデス・全身性エリテマトーデス

酒さかどうかを調べる検査というものは現在ありませんので、酒さなのかを判別するためにはまず他の疾患でないかを調べる事がとても重要。中でも酒さと同じように顔に紅斑の現れる疾患については皮膚科で検査を受けた方も多いのではないでしょうか。エリテマトーデスも顔に紅斑が現れる疾患の1つです。私の場合は酒さよりも先にこちらを疑われました(検査の結果は陰性)。
その他顔の紅斑を伴う病気については『酒さと蝶形紅斑(顔面紅斑)』でも触れています。

甲状腺機能低下症

これは脂質異常症に関連して受けたものなので酒さにはあまり関係はないかもしれませんが…。結果は甲状腺ホルモンも異常ナシでした。甲状腺機能低下症でも皮膚の乾燥、顔の赤み、クモ状の血管が見えるなどの症状は見られることがあるそうです。その他の全身症状に心当たりがあれば一度受けてみてもいいかもしれません。

アレルギー系の検査

IgE抗体検査

即時型のアレルギーを調べる検査です。非特異的IgE(花粉や食べ物などの項目を分けずに全体の数値を測るもの)を調べてみると自分がどの程度即時型のアレルギーを持っているかが数値で分かります。私の場合は1000~2000の間でした。結果を紛失してしまったのでまた調べる機会があれば追記しますね。
耳鼻科で受けた花粉とハウスダストの検査結果は『口腔アレルギー症候群の症状が治まってきている話』に載せています。

IgG抗体検査

これは遅発型のアレルギーを調べる検査。腸内環境を間接的にみたり、即時型の検査では見つけられないフードアレルギーの項目を調べる事ができます。私は食事療法を行う際の参考にと受けました。特定の項目だけ反応が高ければその食品を抜いて様子をみたり、多くの項目で反応が出ていれば腸内に何かしらの疾患を抱えている可能性があるので、まず腸内環境の改善を行ったり。というような使い方ですね。
私が受けた検査の結果は『遅発型フードアレルギー検査の結果が届きました~』に。

消化器関連の検査

○○のサプリメントで酒さが改善した!って話も耳にするくらい、栄養というのは肌にも大きく影響を与えるもの。でもその栄養はきちんと消化器官で消化吸収されてこそ。もし腸に異常を抱えていればいくらサプリや栄養を摂っても多くが無駄になってしまいます。特に下痢や便秘が続いている場合には一度腸の検査も検討してみてください。

大腸ファイバー(内視鏡)

これも酒さのためと言うよりずっと痛みがあったので婦人科の疾患に関連して受けたものです。腸内環境を整える事も美肌には重要な事ですが、酒さに関連しているのではと言われているSIBOや腸カンジダは主に小腸の病気なので、酒さの原因探しであればカプセル内視鏡の検査を受ける方がよいかなと思います。

ピロリ菌除菌

ピロリ菌も酒さに関係しているのではと言われているものの1つ。活性酸素やサイトカインを発生させるため、慢性炎症の原因となっているのではとの事。私もピロリ菌が見つかったので除菌をしてみました。でも特に酒さには変化はなかったかな…。
酒さとの関連を書いた記事はこちら『酒さとピロリ菌の関連

代謝に関する検査

糖代謝・インスリンの検査

酒さと生活習慣病が併せて語られているケースは意外と多い印象です。酒さの病態の特徴の1つである血管の拡張。これを何が引き起こしているかを探ってみる中でずっと血糖というのが怪しいな~と思っていました。特に食後の顔の赤みがひどかったので。
そこで『ブドウ糖負荷試験』と『インスリン抵抗性』を調べる検査を受けてみました。そして結果はこれも特に問題なし!でも血糖値の急激な上昇は毛細血管にも大きなダメージを与えるので酒さにも良くないというのは今も変わらず思っています。血液中に不要なものが多ければ血流も悪くなりますし、血糖値を上げない生活というのは大事かなと。

脂質異常症の検査

以前は『高脂血症』と呼ばれていたものですね。中性脂肪とか悪玉コレステロールとか血液中の脂質を調べます。これは酒さにも深く関係している皮脂の分泌にも影響します。そしてここは私がずっと引っかかり続けている項目。先日再々検査の末に体質的な脂質異常症と判断されました。これについては『体の内側からできる皮脂対策いろいろ+脂質異常症の検査結果』に詳しく書きました。酒さの炎症に皮脂が関わっているタイプの方でしたら一度調べてみてもいいかもしれません。
関連:酒さと脂質異常症、糖質の関係

まとめ

元々体の内側から酒さを改善させよう!というのが始まりのブログだったので内科的な検査が多いですね。免疫に関するものとか肌の表面の細菌の検査を考え出すときりがないくらい他にも色々出てくるんですけど、とりあえず私が受けたものをまとめてみました。

他にも私は元々疾患があって改めて検査はしていないですが、ホルモンバランスは免疫にも血糖値にも血中脂質にも影響を与えるのでこれも重要な検査だと思います。もう本当に何やっても酒さが良くならない!って時にはどれか目星をつけて調べてみてもいいかもしれません。

公開日:2016-7-27
スポンサーリンク
現在コメント機能は休止中です。