ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > その他日記 > 父からもらった石切神社のお守り
2016
03/31

父からもらった石切神社のお守り

少し前の話ですが、久々に会った父から石切神社のお守りをもらいました。
石切神社(石切劔箭神社)は大阪府東大阪市にある神社で、この辺りでは「石切さん」なんて呼ばれていたりします。それまで全然知らなかったのですが、この石切さん「でんぼの神様」らしく、腫れ物、できものが治りますようにとお参りされる方が多いのだとか。
私の知らないうちに父が石切神社に参ってくれていたんですね。私の酒さもブツブツが多いし、できものと言えばできものだもんね。

私はもうずいぶん前に実家を出て結婚もしたので、私の酒さとか肌荒れの話なんかもそんなにしょっちゅうするわけではなかったのですが、こうやってお守りをもらうと、心配をかけていたんだなぁと思いました。

酒さになるとやっぱり人と会うのが嫌になったり、外出することが減ったりしてしまう事もあるんですよね。実際私も一時期完全に家にひきこもりになってしまった時期もありました。でもそんな時に家族や身近な人たちのこういう気持ちが前向きにさせてくれる事も多いですね。がんばって治そう!と思います。

落ち着いたら私も一度石切神社に参ろう。占いのお店がたくさんあったり、参道がとても面白そうです。

公開日:
スポンサーリンク

Comments

  • 私も、酒さに苦しむ三十代半ばの主婦です。
    ほんと辛いですよね。わたしは、去年8月に酒さと診断されて、8ヶ月くらい、酒さと戦っています。
    わたしは、ブツブツはないんですが、頬っぺたの赤みが気になります。
    酒さになってから化粧をやめていたんですが、最近化粧を再開しました。
    前のような肌にはもどれないけど、いつもより赤みがひいてる自分にテンションがあがりました。
    でも、外出して、店に入ったとたんに、店の空調で、火照ってしまい、気分が落ち込んだ状態で帰ってきました。
    いつか酒さがなおるのかな?ずっとこの赤ら顔で生きていかなきゃいけないのかと思うと、本当泣きたくなります。
    てゆーか、酒さになった当初はめちゃめちゃ泣いて、自殺することも考えていました。
    今は死のうとか、考えることはなくなりましたが、毎日、顔のことを考えてしまいます

    • みゅうみゅうさんこんにちは。同じような境遇の方からのコメント、ありがとうございます。
      お気持ちよくわかります!一生このまま治らないのかもって思うと暗い気持ちになっちゃいますよね。これまでできたことができなくなってしまったり、酒さはほんとに精神的なダメージも大きいです…。常に焦りの気持ちが心のどこかにあるような、私はずっとそんな感じでした。

      そうなんですよね、気温の変化とか空調でほんとにぐす真っ赤になるんですよね。そしたら周りの目が気になってせっかくの外出も楽しめなくなったり…。みなさん同じような経験をされているんですね。
      私も3年経って開き直りの気持ちが大きくなってきていましたが、やっぱりまたきれいにメイクして外出を楽しめる日が来てほしいなと思うので、色々試行錯誤しながら治療をがんばっていきたいと思います!みゅうみゅうさんも一緒にがんばりましょう。また愚痴でも何でもいいので、書きたいことがあれば気軽にコメントに来てくださいね!

現在コメント機能は休止中です。