ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > スキンケア・ヘルスケア > リーキーガットの食事療法。何を食べればいいか
2016
03/12

リーキーガットの食事療法。何を食べればいいか

食べてはいけないものは『リーキーガット症候群の食事療法を取り入れてみる』で書きました。では次は何を食べていけばいいのかをまとめてみたいと思います。

食べるべきもの・食べてよいもの

  • 緑黄色野菜・アブラナ科の野菜(キャベツ、ブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草、レタス、セロリ、にんじんなど。あとサツマイモ)
  • 肉(牧草だけで育った牛肉、鶏肉、ラム肉)
  • 魚(天然のサーモン、イワシ、サンマ)
  • 十割蕎麦、発芽玄米、キヌア、オートミール
  • オリーブオイル、ココナッツオイル
  • ナッツ(アーモンド、クルミなど(ピーナッツは除く))
  • アップルサイダービネガー
  • ボーンブロス(骨からとったスープ)
  • ザワークラウト
  • ベリー系の果実、レモン、ココナッツ、アボカド
  • 生姜、黒コショウ、にんにく、ハーブ類

野菜

ビタミンや食物繊維を野菜でたくさん摂ること。
糖質の多いサツマイモが何故OKリストに入ってるんだろう?と疑問だったんですが、カンジダ菌が増える原因の1つに脾臓が弱っている事が挙げられるそう。その脾臓の働きを助けるのに東洋医学ではサツマイモが良いんだって。なるほどなぁ。色々理由があるんですね。

牧草だけで育った肉っていうのはホルモン剤や抗生物質入りの餌を与えられてないものって事らしいのですが、その辺のスーパーではよく分からなかったので、まぁできるだけ良いお肉をって事で!手に入る方はオーガニックなお肉を。

調味料

ココナッツオイルやアップルサイダービネガー、にんにくには天然の抗菌作用があるので、料理に取り入れてうまく利用するといいとの事。

オイルはエクストラバージンオリーブオイルと、オーガニックバージンココナッツオイルをメインで利用して、質の良い油を摂る事も重要なようです。

かなり腸が弱っている場合は、卵、ナッツ、果物、でんぷん質を含む野菜も抜いて始めるのがいいみたい。2週間から4週間経って調子が良ければ1つずつ食品を増やしていくそうです。

2016/03/13追記
牧草だけで育った牛(グラスフェッドビーフ)はオメガ3脂肪酸が多く含まれているそうです。
そして、アップルサイダービネガーの項目を最初は『リンゴ酢』としていましたが、アップルサイダービネガーの方が日本のリンゴ酢より糖質が少ないそうです。こちらの方が適していると思いますので表記を訂正しました。
どちらもコメントで情報をいただきました。ありがとうございます!

グラスフェッドビーフ、近所のスーパーにはなさそうなので通販できるか探してみたらありました。お値段的にしょっちゅうは食べられそうに無いですが、たまには食べたいですね。おいしそう。

ボーンブロス

soup-mug

ボーンブロスは骨からとったスープの事。どこを見てもリーキーガットの治療にはボーンブロスがいちばんいい!と言われまくっていました。以前紹介したマークさんのブログにもボーンブロスの事が書かれていましたね。
骨から出たゼラチンに含まれる成分が腸を癒すのに最適なんだとか。自分でも早速スーパーで鶏ガラを購入して作って飲んでみてます。固形スープの素とかを使うより断然手間は掛かりますが、メニューの幅が広がるし何より美味しいのでおすすめです。

ザワークラウト

こちらもよく見たザワークラウト。キャベツを乳酸発酵させた漬物ですね。
HSK201株(ラクトバチルス・プランタラム・HSK201)という乳酸菌があり、整腸作用や抗アレルギー作用に優れているそうで、これはザワークラウトから見つかった乳酸菌なのだそうです。

マークさんのブログには特定の商品名が書かれていたのでそれを見てみると、塩漬けで数週間自然発酵させるドイツの昔ながらの方法で作られた商品との事。市販されているものの中には酢が使われていたり、加熱処理で乳酸菌が死んでしまっているものもあるので、そういうのでは意味が無いらしい。
キャベツと塩だけで自宅でも簡単に作れるみたいだから、食べるならそれが良さそうかな?でも、日本ならすぐきとかを買ってラブレ菌を摂るのもいい気がしますね。

続ける期間

2週間~4週間で何らかの変化があるようなので、食材を足したり引いたり、体調をチェックしながら続けていくそう。アレルギーの抗体がリセットされるまでは半年かかるみたいなので、最低半年はやってみるといいみたいですね。これも気長に、ゆっくり。

公開日:2016-3-12
スポンサーリンク

Comments

  •  はじめまして。私もリーキーガットを気にする食事を心がけています。それは夫が2型糖尿病なのと、私の老化悪あがき対策。私だけはさつまいもを食べますが、脾臓に良いとは知りませんでした。良いと思って食べると、より効果が上がりそうです。良い情報をありがとうございます。
     ところで気になったのですが、英語で言われるリンゴ酢はアップルサイダービネガーのことで、ほとんど糖質は無くなっていますが、日本のリンゴ酢はとても甘いです。
     それとグラスフェッドビーフが良いとされるのは、オメガ3脂肪酸の割合が多いからだと思います。
     お肌に良い効果が出ますように。
     

    • はじめまして。実際に食事法を取り入れられている方からの情報、とてもありがたいです。
      リンゴ酢とアップルサイダービネガーの違いが調べてみても分からなかったので、その答えが解ってうれしいです。
      グラスフェッドビーフはオメガ3脂肪酸が多いのも知りませんでした!同じ食材でも栄養の点から見ると違ってくるものですね。本当に、理由がわかって食べる方が効果が出るように思います。

      サツマイモの情報、お役に立てて良かったです。こうしてコメントいただけて、より頑張ろうとやる気が湧いてきました!
      本当に貴重な情報をありがとうございます。記事にも反映させていただきたいと思います。

現在コメント機能は休止中です。