ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > スキンケア・ヘルスケア > 酒さと季節の肌トラブル。梅雨時の赤いプツプツ。
2016
06/19

酒さと季節の肌トラブル。梅雨時の赤いプツプツ。

梅雨時、湿度すごいですね。私は酒さになって以来、冬場は超乾燥肌なのに梅雨から夏場にかけてはいつも皮脂のトラブルに悩まされるという肌質になりました。
酒さの方とお話ししていると夏場でも乾燥するという方、逆に常に皮脂過剰タイプだという方色々で、酒さって肌質によって起こるものではないのだな~と感じています。海外のサイトを見ていても乾燥肌の酒さならこうする、オイリータイプならこう…と分けて書かれていたりします。うーん難しい。

顔に発生する赤いプツプツ

そして今エアコンが故障中で、梅雨に入ってから家の中が高温多湿の無駄に過酷な環境になっていまして、汗と皮脂が出まくりな状態になってました。むしろ屋外の方が涼しくて快適なくらい。
そんな環境で過ごしていたら顔に赤いプツプツが発生…。小さい赤いプツプツが鼻や頬、顎、口周りにプツプツっと。そして久々に目にも症状が出てまつ毛にも白い付着物が…。
あぁー・・これは顔ダニがまた増えてるんじゃないだろうかー・・。しばらくアレグラの服用をやめてみたら体中にかゆみが出てきたので汗の成分とか何かしらにアレルギー反応も出てると思います(でも顔にはかゆみはナシ)。常に飲んでて実感なくなってたけどアレグラもちゃんと仕事してくれてたんだな。

皮脂対策

とにかく皮脂がたくさん出てて顔も黒っぽくくすんで見えるような感じになっちゃってたし、何か対策せねばと石鹸洗顔を朝晩の2回行うように変えました(これまでは夜1回で朝はぬるま湯洗顔)。そして今年使ってみようと買っておいた『新型ビタミンC誘導体(APPS)』をスキンケアにプラス。私の肌は油分が合わないのでスキンケアは水溶性の成分に頼り切りです。でもこの方法が今の自分には一番合ってるかな。

新型ビタミンC誘導体『APPS』化粧水

apps-2

これまで使っていたビタミンC誘導体は手作り化粧水に混ぜて使えたけど、APPSは防腐剤入れなきゃダメなようだったので新しくキットを買いました。『アプレシエ1%化粧水・50ml用作成キット』。劣化防止剤(ヘキサンジオール)が入ったボトルとAPPSの粉末がセットになってて、精製水を入れて混ぜるだけで完成します。とても簡単。完成したら黄色っぽい液体になってそしてちょっとぬるっとした感触。

劣化防止剤って肌にどうなんだろうと思って調べてみたけど、ヘキサンジオールは植物性のグリセリンと同程度の刺激との事で少量ならそんなに問題はなさそう。でももちろんどんな時もパッチテストは必須です。

抗菌作用も保湿作用もある成分です。アルコール系の成分なので、配合量が多すぎると敏感肌の方はお肌に乾燥を感じるかもしれません。敏感肌には比較的安全な成分です。
Q:敏感肌に抗菌剤ってどうなの?

使用感は超さっぱり。新型の方が低刺激で浸透も良いとの事。たしかに1年ぶりのビタミンC誘導体だったけど、ピリッとしたり赤くなるような感じは無かったです。皮脂の分泌の抑制の他にコラーゲンの合成も助ける成分なので合えばずっと使っていきたい。でも冬になると乾燥して逆に荒れちゃうんだよなぁ。ほんと難しいなぁ。今でも多少ツッパリ感が出る事があるのでその時は回数を調整したりしながら使っています。

apps-1

このAPPS化粧水を朝晩の洗顔後につけて、その後手作り化粧水。これを1週間ほど続けたら皮脂も落ち着いてプツプツも治まってきました。また全体的に赤みの出やすい状態にはなってるけど、もうこれは当分のお付き合いと思ってうまくコントロールしていければと思います。
フィナセアジェルも一部併用してるけどこれは説明書通りの使い方では私にはダメっぽいのでまた改めて書きますね。

追記:赤いプツプツが出た時の画像を『梅雨時の赤いプツプツBefore→After画像』に載せました。

酒さの場合、顔ダニや菌が増えてトラブルを起こすというよりは、そもそもそういうものが増えやすい体質にや肌質になってしまってるような感じなので、どれだけ気を使ってても清潔にしてても、こういうトラブルって起こってしまうのかもしれないですね。うーん、がんばって乗り切ろう。そして早くエアコン直そう。

公開日:2016-6-19
スポンサーリンク
現在コメント機能は休止中です。