ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > 酒さに関すること > 酒さは治らないと言うけれど
2016
08/01

酒さは治らないと言うけれど

最近のお肌の状態は良い日と悪い日を繰り返しながらの小康状態。『最近の肌状態。調子の良い時悪い時の比較画像~。』に載せたものと大差ない感じです。
特に抵抗なく外出できるようになったのでうろうろとよく出歩いているのですが、蒸し暑い時には赤くなったり、何かのきっかけでプツプツが増えたり…。やっぱりまだそういう『肌質』なのかなという感じがしています。

『治す』のではなくてうまくコントロールする方法を見つけるのが酒さの治療だってよく聞くのですけど、それってこういう事なのかなって。ブログを始めた頃に比べれば随分と良い状態になったけど、あまり『治る』という感じはしていません。今のところ。

でもこれってすごく大事な事で、私は病院で「治らないかもね」って言われた時本当にすごくショックでした。『治らない』ってのは、あの時の真っ赤で顔の半分以上がブツブツで、ヒリヒリして熱い状態がもうずっと一生続くんだって思ったから。でも治らないって別にそういう事じゃなかった。
今でも確かにきれいなお肌というわけじゃないけれど、別にこれくらいならいいかな。普通に生活するには問題ないかなって思えるくらいにはなりました。この『どの程度で自分が納得できるか』のラインは人それぞれだと思うんですけど、治らないってのは最悪な状態がずっと続くわけじゃないんだって、今更ながらに思ったわけです。

酒さはまだ原因不明の病気だし、時には『治らない』って表現になってしまうのかなと思うんですけど、それと『治らないけど気にならないレベルまでコントロールできるようになる』では同じ治らないでも随分と意味が違ってきますよね。私の場合はそんな希望を持てる言葉は言ってもらえなかったのですごく落ち込みました。でもそんなでもそこから抜け出せる事もあるよって言いたいです。

酒さにも色々なケースがあるし、アトピー性皮膚炎みたいに内因性・外因系に分かれていたりもするのかな?でもたくさんの人の体験談が集まればそこから自分に合った改善方法を見つけられる事があるかもしれないし、もっともっと情報が増えればいいなと思います。私のブログにも酒さになった経緯やケアの方法、経過などを書き込んでくださる方もいて、私自身とても参考にさせていただいています。本当にありがたいです。原因不明とは言われているけれど、不明なのであって原因が無いわけじゃない、みつけられる事もあるはずだって思ってます。

難しい肌なのでこれからどう付き合っていくのか、季節ごとのケアとかまだまだ課題はあるけれど自分なりの上手なコントロール法を見つけていけたらいいな。今日はふとそんな事を思いました。

公開日:
スポンサーリンク

Comments

  • そうなんですよね。
    酒さでも「治った」って人もいれば、どうやったら「治る」のかわからない人もいて。私も「治ってきた」感じはありません。でも、ほてりやヒリヒリ感とか良くなってきた部分もあり、どこまで回復すれば良しとするか、自分の落とし所が必要かなって最近考えています。考えられるあれこれは試みたので、自分の酒さはなかなか手強いと実感できるようになったせいかな?赤味は完全になくならなくても、とりあえず毎日メイクして洗顔できる位になりたいですよね。

    • まるさん
      お金をかければ何とかなるというものでもないし、やっぱり無理しないである程度の状態を保てるようにって考えるのも必要ですよね。そうやってゆるゆるとでも回復していってくれたらなぁと思います。
      ほてりやヒリヒリ感みたいな不快な症状が軽減してきたのはよかったです(*’∀`*)このあたりはものすごくストレスになりますもんね。私は今目のかゆみがひどくてイライラ中です~><

      ですね。メイクできるかどうかはほんとに重要です。毎日メイクしても荒れなくて、メイク落としを使っても大丈夫ってなれば生活もしやすいのにって思います。あと日焼け止めも。あぁ…順番に色々と試すだけでもすっごい時間かかりますよね。。同時に試すと何が良かったか悪かったかわからなくなるしで。これも気長にやらないとですね。

現在コメント機能は休止中です。