ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > 酒さに関すること > 眼性酒さ再びの悪化、治療とその後2
2017
07/27

眼性酒さ再びの悪化、治療とその後2

前回の続きです。眼性酒さ再々悪化。前回通った眼科は休日と仕事の都合が合わず、とりあえず職場の近くの眼科へ駆け込みました。
コロコロ病院を変える事(いわゆるドクターショッピング)のリスクも理解してはいるのですが、今回は結果的に良い選択だったようなので結果オーライ。すごく腕の良い先生でした。

アレルギー?眼性酒さ?

これまで5件ほど眼科に掛かったかな?どこも似たような診断で大体はアレルギー、結膜炎、ドライアイという見立て。でも私の場合右目だけが特に症状が強く出ていて(ちなみに顔の酒さも右側の方が症状が強い)、見た目は確かにアレルギーのようだけどそうでもないようなあまりハッキリしない説明で、とりあえずステロイド。そんな感じでした。

「酒さなんですけど関係ありますか?」とたずねても「えーっと、その酒さ?なんとか?だったとしても眼科としての処置は変わらないから」と。多分酒さの事あまりわかってないよね?皮膚科でも酒さの事詳しくない病院がある中眼科の先生に理解しても合うのは無理があるのか…とすっかり諦めていました。

ようやく、眼性酒さの診断

そして今回掛かった病院でも最初の診断はアレルギー。見た目は典型的なアレルギーの症状なのだそうです。でもでも今回は今までとは違った診察の流れで「うーん、左右で症状の強さが違うね。アレルギー体質だと肌も荒れたりするけどそのあたりはどう?」と先生が聞いてくれました。眼科で肌の事聞かれたの初めて。わかってもらえるだろうかと不安に思いつつも「顔の方は酒さっていう病気なんです…」と言ってみた。そしたら「あ~!酒さか~!だからか~!」と合点がいったという反応が返ってきたんですー!「だったらアレルギー用の薬はあまり効果ないわ」と処方しかけていたアレルギー用点眼薬をキャンセル。確かにアレルギー用の目薬は今まで全然効果なかったなぁ…。

こちらの先生の説明では酒さがあるとマイボーム腺でアクネ菌が繁殖して詰まりと炎症を起こして目の表面の保護が弱まり、異物感や乾燥が起こる。と、大体これまで調べてきて自分で納得していた眼性酒さについてと同じような説明をしてくれました(私はアクネ菌じゃなくて顔ダニっていう認識だったけど)。ようやく、ようやく、酒さと目の症状を関連付けて診てくれる医師に出会えましたぁぁぁ。

眼性酒さの治療

でもそう喜んではおれず、眼性酒さなら有効な治療法はなくて症状の波に合わせてステロイドの量を調節しながらコントロールしていくしかないよという事でした…。顔の酒さでも同じようにコントロールしていくって言われなかった?顔の酒さにステロイドはダメだけどね。と。はい、その通りでございます…。

ちなみに私は抗生物質(クラリス)を使っているうちに薬疹が出るようになって使えなくなってしまいました><抗生物質使えなくなるって怖い。薬疹も怖い。眼性酒さでもクラリスを処方したかったみたいなのですがこれは薬疹でダメ。最低限の治療として保湿用のティアバランスと症状コントロール用のステロイド点眼薬を処方してもらって終了。症状が出ないように気を付けて生活しつつ、症状が出た時にはステロイドで抑える。これをずっと続ける事になるそうです。複雑だけど酒さの事わかってくれる先生に出会えたのは良かったな。処方から1ヵ月、これまでよりもステロイドの使用量は少ないけど今のところ症状は落ち着いていて、肌への影響もないです。また変化があれば記事にしますね。

最後に悪化予防として簡易版リッドハイジーンを勧められました。洗顔の最後にお湯で目の周りを温めて、マイボーム腺の詰まりを押し出すように強めに擦るといいよって。固まった脂を溶かして流すようなイメージでめをつむったまま指で目じりから目頭に向かって押し出す。こんな感じ。肌が荒れている時は温度の高いお湯がその部分に掛からないように注意。幸い目の周りは酒さの症状が無いので小じわにならないかと気にしつつも朝晩の洗顔時に実行しています。

私の目の症状

眼性酒さと思われる(私の)症状の特徴を書いておきます。

・左右で症状の出方が異なる
・アレルギー症状に似ているけどかゆみはほとんどない
・アレルギー用の点眼薬が効かない
・瞼の粘膜部分にプツプツがよくできる
・まつ毛の根元に白い付着物が出る
・顔の酒さの赤みが増している時に目の充血も増す

放置しているとドライアイからの炎症、感染と良くないループに嵌ってしまうので早いうちに対処するべし。予防として保湿用目薬があるだけでもかなり違います。ヒアルロン酸の目薬は色々探してみたけど市販薬では代用できるものが多分無いので病院で処方してもらうのがいいと思います。ではまた何かお知らせできる事があれば書きたいと思います~。

公開日:
スポンサーリンク

Comments

  • こんにちは^_^ ドクターショッピングは…私もしているかもしれませんσ^_^;
    眼科もドクターに寄って見解が違いますよね…。
    私もなつさん同様、ステロイドの点眼薬が効きません。以前、眼の中に虫が入り早急、出先付近の眼科へ飛び込みまして…ドクターに『一時的なアレルギーが出ちゃってますねー。』と言われ、ステロイドの点眼薬を貰いましたが、治りが悪かったのか…時間が掛かりました~_~;

    クラリスで薬疹ですか…(OvO) 私はクラビットで薬疹が出たことがあります(T . T)
    やはり抗生剤では合う合わないがありますよね〜

    • ポコペンさんこんにちは。
      薬疹は命に関わる事もあるそうなので甘く見てはいけないですよね。もう同じ抗生剤は使えないし、いざという時の選択肢が狭まるのは困ります…。
      必要な時に出された分だけきっちり使っていてもそうなる可能性があると思うとできるだけ薬に頼らずにいられたらいいなと改めて思ったり。
      本当に、何より健康が一番ですね。

  • はじめまして。
    以前から読ませてもらって参考にさせて貰ってます。
    酒さになって、6年程経ちます。2年ほどは仕事も辞めて引きこもっていましたが、今では何とか仕事復帰も出来るくらいになりましたが完治とまではいっていません。なつさんにご相談があります。色々調べてビオチンが良いと思い今日かかりつけの皮膚科の先生にラックビー細粒Nと一緒に処方していただいたのですが、ネット確認するとミヤサリンと一緒に飲むのが良いと書いていました。ラックビーだと効果がないのでしょうか?なつさんはサプリメントでビオスリーとビオチンを飲まれているようですが薬でも問題はないのでしょうか?
    EPAも一ヶ月程前から服用しています。
    相談する人もおらず、なつさんに頼ってしまいました。ご返答頂けたらありがたいです。よろしくお願い致します。

    • みえさんはじめまして。
      引きこもりから仕事復帰できるまで酒さが良くなってくれたんですね。まだまだ治療が難しい病気ながら、こうして改善のお話を聞けるのはうれしい限りです。
      ご質問についてですが、いわゆる『ビオチン療法』と言われるものはビオチンと一緒にミヤリサン(酪酸菌)を同時に摂取するのが一般的ですね。一部の腸内細菌がビオチンを餌としてしまうので、それを含まずかつビオチンの生成を助けるという理由で酪酸菌が選ばれているのだろうと思います。
      腸内細菌バランスが原因でビオチン不足な場合、結局は腸内環境を整えるというのが解決法だろうと思うのでその方法は原因により様々かと思います。処方されたラックビー(ビフィズス菌)がみえさんに合うかどうかは試してみないとわからないかなとも思うのですが、『ビオチン療法』を試すというのであれば一般的な方法からトライされるのがいいのではとも思います。
      ラックビーは病院で処方されるビフィズス菌ですので、特別なお薬というわけではないはずです。なぜミヤBMではなくラックビーを処方されたのか、もしかしたら理由がきちんとあるのかもしれませんので、一度担当医に確認されてもいいかもしれませんね。

      • なつさん、早速のお返事ありがとうございます。
        ビオチンの件ですがとても分かりやすく説明してくださってありがとうございます。
        今まで、漢方と一緒にミヤBMを処方してもらっていて、他の乳酸菌も試してみたいと医師に伝えたところ、ラックビーに変更になりました。それに、ビオチンを追加処方してもらったのです。次回医師に戻してもらうようにお願いしてみようと思います。
        話は少し変わるのですが、なつさんが作られている、レーズンとくるみのパンのレシピは書店などで販売されていますか?とても美味しそうだったので。今はバターの代わりにオリーブオイルで出来るパンをホームベーカリーで焼いて食べているので色々バリエーションを増やしていけたらと思っています。

        • みえさん
          ラックビーが処方されたのはそういった経緯だったのですね。

          レーズンとくるみのパンはホームベーカリーについてきたレシピをベースにアレンジしました。
          私が作っているレシピ(一斤分)を書いておきますね。
          全粒粉 125g
          強力粉 125g
          バター 10g
          砂糖 17g
          スキムミルク 6g
          塩 5g
          冷水 200g
          ドライイースト 3g

          レーズン 50g
          砕いたくるみ 50g

          全粒粉コースがあればそれで焼いてください。
          私もここからさらにバターをオリーブオイルに変えたり、砂糖を半量にしたりしています。最近は富澤商店のふすまパンミックスも、簡単でより低糖質なパンが焼けるので愛用しています。自分で焼くと焼きたてを食べられるのがいいですよね!

          • なつさん、レシピ教えてくださってありがとうございます!
            早速、挑戦してみます。
            ふすまパンミックスも一度調べてみますね!
            先日バターオイルなしで作れるふとらないパンと言うレシピ本が通院している皮膚科にあって気になったので購入してみました。色々と挑戦してみて、少しでも酒さが良くなって、美味しく食べれる食事を発見出来たらと思います。
            なつさんが紹介されていたやせおかシリーズのレシピも愛用していますよ!
            また色々な情報を教えて頂けたらありがたいです。

          • みえさん
            脂質カットしてもおいしいパンが焼けるならいいですね~!ストレスにならないなら食べ物を色々と工夫するのは体にとってはいい事ですもんね。
            やせおかシリーズも本当に簡単だし、いいですよね。みえさんの酒さが改善したと報告が聞ける事を願いっています。ゆっくり、頑張っていってくださいね。

  • 初めまして。なつさんの説明非常に参考になります。酒さは、自分も3ケ月前からなり、非常に悩んでました!でもこの体験談読んで自分自身で治すようにしたいと思います!ありがとうございます。

    • ひでさんはじめまして。
      嬉しいコメントありがとうございます。酒さは顔に出てしまう病気なので本当に悩んでしまいますよね。方法はたくさんありますので、やってみようと思う事を一つずつ試していってみてください。治療、頑張ってくださいね!

現在コメント機能は休止中です。