ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > 酒さに関すること > 私の酒さ(酒さ様皮膚炎)が今の状態になるまで4
2016
04/09

私の酒さ(酒さ様皮膚炎)が今の状態になるまで4

私の酒さ(酒さ様皮膚炎)が今の状態になるまで3』の続き。

追記:このシリーズが4ページ分ととても長いので、簡単に流れだけをまとめたページを作りました→『私が酒さになった経緯&症状を詳しく全部まとめ

思ったよりも長くなってしまった私の思い出話ですが、これで最後です。今の自宅でのケアを始める前に、最後に行った皮膚科のお話。

酒さと顔ダニの治療

ひどい顔の状態で訪れた婦人科。少し大きな病院で院内に皮膚科もあり、相談すると即日、そこで診てもらえる事になりました。
そしてここで初めて酒さの名前を聞いたのです。これまでの長い経緯を説明すると「実際に過去の症状を見ていないから何とも言えないけど、ずっと酒さだったのかもね」と。そして頬の表面を少し削って顕微鏡でチェック。そしたら顔ダニ(デモデクス)がたくさん。酒さの人は顔ダニが異常に繁殖しているケースが多いようなので、気になる場合は病院で検査してみると良いと思います!肌の表面を削るので少しヒリヒリするけど、跡が残るようなものでは無いですので、怖くないですよ。
そして「ステロイドは肌の免疫力を低下させて顔ダニを繁殖させるので、この状態ではステロイドは使わないようにしましょうね」との事でした。

ステロイドには血管の収縮効果があるので一旦はきれいになったように見えても、根本的な治療にはならないですからね。そして血管の収縮の次に引き起こされるのはやっぱり拡張なので、酒さの治療には向かないはずです。

そうして顔ダニの治療を開始。「少しずつ良くなっていくので、頑張りましょうね」と言ってくれた先生が天使に見えました。やはりお医師にも色々なタイプの方がおられるなぁと思います。
治療は顔ダニ退治用のクリームを塗る方法。またこのクリーム、刺激があって困った。特に汗をかくとピリピリしてかゆみが出るし、何より塗った所が赤くなる。でも治って欲しい!と願いを込めて頑張って塗り続ける事1か月。「もう少し続けて赤みが消えないようなら別の治療法を考えましょう」という事でさらに継続してクリームをぬりぬり。やっぱり赤みがひどいし、クリームが合わなかったのかなぁと思いながら、次に病院を訪れた時にはあの天使のような先生はいなくなってしまっていました…。

これは皮膚科に限らず、ある程度大きな病院ならよく経験する事だったのですが、本当に先生の入れ替わりが激しいです。
そして引継ぎ不足なのか、治療方針の違いなのか、新しい先生とはなんだか話がかみ合わない…。「このままでは色素沈着してしまう恐れがあるので、ステロイドを塗りましょう」とまたステロイドが登場。「えっ、ステロイドは今の症状には合わないのではなかったのですか?」と聞き返すと、「…。じゃあ今の方法を続けるしかないですね」と投げやりに返されてしまいました。本当にそれでも使う必要があるのか、その明確な答えが欲しかったのですが、ちょっとここでゴタゴタしてしまい、不信感からまた病院から遠ざかってしまいました…。「体質だから治らないかも」と言われたのもこの時。そして今に至る。です。
いまだに皮膚科とのうまい付き合い方はわかりません…。皮膚科以外はこんな事ないのになあ。

まとめ

これが、私の顔がこのようになってしまったきっかけ、そして自宅でケアしようと思い至るまでの経緯の全てです。酒さの名前を知ってからはもうめちゃくちゃネットで情報を集めました。でも情報を集めれば集めるほど治療の難しさも感じます。原因も様々でさらに複合的に影響しあっていて、その結果が酒さなのかなと思うと、酒さは病気というより状態、と言った方が今の自分にはしっくりくるような。ステロイドやプロトピックを長期に使った人が全て酒さになるわけではないですしね。何か他の原因が潜んでるのかな。だったらそれを見つけたい。
今はできる事を少しずつ、順番に原因をつぶして、自分でやれる事をやっていこうと思います。私がネットで様々な知識を得たように、私の発信するものもまた誰かのヒントになればいいなと思います。

あ、でもネット上にはたまにこれは間違いではないのかな?というような内容のものもあるので、それには気を付けて。私も間違った内容を広めてしまわないように注意したいと思います。もし私の記事でそのような事があれば、ご指摘いただけるとありがたいです。では、長~い話を最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

公開日:2016-4-9
スポンサーリンク

Comments

  • みゅうみゅうです。
    酒さになるまでをすべて読みました。本当に辛いですよね。わたしは、夫と子供がいますが、酒さの苦しみをわかってもらえなくて、当たり散らしてしまいます。最低な母親だと思っています。
    私も、最終的に大学病院の有名な先生の診察をうけて、ダラシン、ニゾラール、飲み薬のルリッドをもらいました。ダラシン、ニゾラールは、肌にあわず、一日でやめてしまいました。
    いまは、抗生剤のルリッドを飲み続けていますが、4月いっぱいでやめてみようと思います。いまは、近くの皮膚科にかよって、ルリッドをもらうだけです。塗り薬は、塗るのが怖くて、何ももらっていません。
    いまは、洗顔して、化粧水、クリームで保湿しています。
    2、3日前から、花粉症のせいか、肌が赤いです。
    この病気は、本当辛いです。精神的にもやられます。ちなみなメンタルクリニックもかよっています。
    なんだか、ダラダラ書いてしまいましたが、辛いけど、酒さと闘いましょう。いつか治るかもしれませんしね。

    • みゅうみゅうさん、こんにちは。
      長い過去の話を全部読んでくださったんですね。ありがとうございます。
      お肌って、ニキビがひとつできただけでも気分が沈むようなものなのに、顔の炎症がずっと続いてるんですもの。当たったりしてしまう事だってありますよね。お子さんがいらっしゃるなら行事があったり、苦労も多いでしょうし。メンタルクリニックに通うほどなんて…。吐き出して楽になる事があるなら、いつでもここに遊びに来てくださいね。

      殺菌作用のあるお薬なんかは酒さの弱った肌にはキツいのか、荒れますよね。私も塗り薬は怖くて、拒否反応出ちゃいます。
      抗生剤もクラリスを1か月ほど飲んだ事があるのですが、お腹の調子が悪くなってそれも中止になりました。腸内環境のためには抗生剤はやっぱり良くないみたいなので、抗生剤をやめてみて調子が少しでも良くなるといいですね。

      私はその日のコンディションによってスキンケア方法を色々と変えて試しています~。どの季節にもお肌にダメージを与える要素があるので、ケアも気を使うし大変だけど、なんとか自分に合った方法を見つけたいです。
      そして、最近こうしてブログにコメントをもらえるようになって、闘ってるのは自分だけじゃないんだ!って心強く思います。大変だけど、頑張っていきましょうっ!

      • そうですよ。自分だけじゃないですよ。酒さで苦しんでいる人は、アトピー患者さんに比べたら少ないでしょうけど、いますよ。
        私も、酒さ患者です。
        なかなか前向きにはなれないけど、家族のために頑張ってます。一緒に頑張っていきましょう

        • みゅうみゅうさん、ありがとうございます。
          そうですね、酒さはまだまだ認知度も低くて理解されない場面も多いですが、こうして一緒に頑張ろうと言い合える仲間もいるんですもんね。ブログを始めて良かったなと改めて思いました。
          周りで支えてくれる人たちに感謝の気持ちを伝えながら、少しでも生活を豊かにしていきたいです(ˊᗜˋ*)

  • みゅうみゅうさんこんにちは、酒さの記事1〜4まで拝見させて頂きました。自分は現在プロトピック軟膏の副作用による酒さ様皮膚炎の治療中で脱プロトを始めて半年近くになります。治療を始めて3ヶ月くらいまではみゅうみゅうさんと同じ様な顔の紅潮とニキビのような顔のプツプツに悩み続けていたのですが3ヶ月を過ぎた頃からは紅潮は落ち着き始めました。
    現在は紅潮は落ち着いたのですが顔のプツプツは治療を開始した時期からあまり軽快せずずっと治らずに困っています。みゅうみゅうさんは顔のプツプツの症状が改善されたと実感された薬などは何かありますか?もしあれば是非教えて頂きたいです。長文失礼致しました。

    • ドビーさんこんにちは。コメントありがとうございます。
      みゅうみゅうさんはこちらにコメントをしてくださってる方のお名前で、このブログを書いているのは私『なつ』です。ですので私宛のコメントとしてお返事を書かせていただきますね。

      ひとまずは紅潮の症状が落ち着かれたとの事でよかったですね!プツプツは赤いものですか?私も今でも赤くて痛みのあるプツプツがよくできるのでその時は『フィナセアジェル(アゼライン酸)』をちょんちょんと乗せるように塗っておくと翌日には少し落ち着いているかな?という感じです。
      他にはこのブログでも書いてきた通り、食生活はかなり大きく症状にも繋がるのでできる限り肌に良い食事を心がけています。プツプツにも色々と種類があるようなので、免疫やホルモンバランスなど体の内側からのものなのか、表面の刺激や防御機能のバランスの乱れなのか判断が難しいです…。なので私はどちらの可能性も考えて色々と対処してみています。早くスッキリと元の肌に戻ってくれればいいんですけどね><
      もしまた何かわからない事があればいつでもコメントしてくださいね!

  • はじめまして。私もずっと頰の赤みが気になっており、いろいろな皮膚科でロコイドやダラシンTゲルなど処方されました。このブログを読んで違う皮膚科に行ったところ酒さと診断されました。漢方薬が処方されいま治療中です。現在、なつさんの症状はいかがでしょうか?

    • Rさんはじめまして。
      いくつか病院を回ってから酒さと診断される方も結構多いですね。その後また違う病院で酒さではないと言われることもしばしばですが…。
      私の症状は今はかなり落ち着いています。ちょっとした事で荒れやすくてまだきれいな肌というわけではないですけど、病的な荒れ方ではなくなりました。結局病院での治療はほとんど行わずです。ブログの『肌日記(http://yuruskincare.net/category/face-diary)』に定期的に肌の画像をアップしているのでよければ参考に見ていただければと思います。

  • こんにちは
    数年前に突然顔が真っ赤になり困って皮膚科に行ったらステロイドを処方され、それが悪かったのかどうかわかりませんが、赤みはそれから二年か三年くらい続きました。ステロイドは使用をやめて、洗顔や食事、それから運動に気をつけて、あれやこれやをとにかく色々試しました。だけど赤みは引かずにそのまま。みなさんも通られた道かと思います。もうこのままでもいいやという気分になっていた時に、たまたま会った友人の母が、それってあなた酒さじゃない?と言われて初めて酒さを知りました。彼女が言うには、まず抗生物質を飲んで悪いものを体内から取り除く。それからメトロニダゾール0.75%の塗り薬を塗る。というものでした。抗生物質を(二ヶ月間)飲んで塗り薬を一本使い切る頃には赤みが消えました。半年もかからなかったような気がしますが、あれほど気にもんでいた顔の問題が、酒さというもので、一応対応策があるのだと知った時の安堵感を覚えています。酒さに完治はないそうなので、日焼けどめを塗っています。アメリカに住んでいるので日本に比べるとメトロニダゾールが入手しやすいのですが、日本でも処方されているドクターはおられるようなので、もし気になった方はご一考されてはいかがでしょうか。何かの助けになれるといいのですが。

    • さきゅうかけむりさん
      こんにちは。貴重な経験談を寄せてくださりありがとうございます。赤みが消えた事、そしてその具体的な方法を書いてくださっているのできっと治療の参考にされる方もいるのではと思います。
      メトロニダゾールは日本では個人で輸入されていたり、病院で調合してもらったりと色々な方法で入手されている方が多いようです。私は病院でロゼックスゲルを処方してもらう事ができました。もっと安価でどこの病院でも手に入るものになったらいいなと思います。
      それ以前にまずはきちんと酒さだと診断してくれる病院が増え、酒さという病気の認知度も高まってくれればなという気持ちでいます。まずは病気の正体を知ることができて対処法があるとわかれば気持ちも少し楽になりますよね。

  • 初めまして。私と全く同じです。最初は膠原病を疑われ検査をしましたが陰性でした。そのあと脂漏性湿疹と診断されいろんな治療を続けてきました。もちろん皮膚科もたくさん通いましたが完治はありませんでしたし、完治はありませんとも先生に言われました。良い状態をキープしましょうと。ある日プロトピックを処方され何もわからず塗りましたが最初は赤みもましになり続けていましたがある日突然塗っても赤みは軽減されるどころか、顔中ブツブツだらけで黄色い汁が出てきました。ほんとに痒くて眠れませんでした。脱プロトピックを始めることにし、かゆくてもブツブツが出ても耐えようと試みました。2年ほど経ちやっぱりどうにか昔の肌にならないかと、皮膚科をはしごしました。それで今辿り着いた皮膚科で漢方薬とザイザルを処方され良い状態の日が多くなってきましたが、酒さと診断されプロトピックを処方されました、昔プロトピックで辛い思いをした事を話ししましたが、使い方が悪かったとの事を言われました、3日程塗りましたが痒くなり、赤くなる一方で先生にプロトピックをやめたいと言いましたが、2週間は副作用に耐えなさいと言われどうしようかと悩んでいます。私の周りにこのような症状の人がいないのでついコメントしてしまいました。ほんと辛いですよね。

    • あけみさんはじめまして。体調を崩していてお返事遅くなってしまいました。ごめんなさい。
      本当に私と全く経緯が同じですね!その後お肌の状態はいかがでしょうか?プロトピックは続けられていますか?私なら過去の経験から、またプロトピックを使いなさいと言われてもきっと使う勇気は出ないだろうなと思いました。私の場合はやっぱりプロトピックで悪化する肌になってしまっていたように思います。。

      でもプロトピックを続けられるかどうかはあけみさん次第です。使い方が悪かったというならどう悪かったのか、なぜこんなにも悪化してしまったのか説明を納得できるまで受けられてはどうでしょうか?プロトピックをまた勧めるからには医師にもそれなりの根拠があるはずです。なければ困ります。それで納得できたら医師の言う通り2週間耐えてみるのも、一つの方法かもしれませんね。
      私もプロトピック使用後の悪化から数年経ちましたが、完全な元の肌には戻れていません。まともにお化粧もできないのはなかなかつらいです。
      悩んでおられる最中との事だったのでもう少し早くお返事できればよかったです><もしまだ悩まれている事があればまたいつでも書き込んでくださいね。

  • こんにちわ!!
    私も肌荒れで何件も皮膚科に通ってもなかなか
    改善されず10年ぐらい肌荒れに悩んでいます(;_;)
    ブログを読ませていただいて、シャワーヘッドを変えたって記事読んだのですが、お肌などの変化はありましたか?(;_;)
    今変えてみようか悩んでいます(;_;)

    • みきてぃさんこんにちは。
      お肌が弱いとトラブルが絶えなくて辛いですよね。。シャワーヘッドを変えた事だけが原因ではないと思うのですが、今は私の肌は随分きれいになりましたよ。http://yuruskincare.net/rosacea-documentのページに肌の変化をまとめていますのでよかったら見てみてください。
      少しでも刺激を減らすという意味では塩素除去も無意味では無いと思います。ただそれだけでは弱いかなとも思うので、洗顔料や枕など肌に触れるものの全てを少しずつ見直して肌に優しい生活を作っていくといいんじゃないかと思います(^-^)

現在コメント機能は休止中です。