ゆっくり酒さ治療

酒さ・酒さ様皮膚炎でなかなか治らないけど、ゆっくりのんびり改善していこうよっていう治療日記ブログです。

HOME > スキンケア・ヘルスケア > 体の内側からできる皮脂対策いろいろ+脂質異常症の検査結果
2016
07/29

体の内側からできる皮脂対策いろいろ+脂質異常症の検査結果

先日出た検査の結果で体質的な脂質異常症と診断されました。数値が不安定だったため診断が出るまで3か月もかかってしまいました…。その事はまた記事の最後の方で詳しく書きたいと思います。

血中の脂質は肌の皮脂分泌にも関わるので、私の場合皮脂の分泌が増える時期に悪化したり、プツプツのできる場所が皮脂腺の分布と対応していたりするのを見ると脂質のコントロールでもっと肌の状態も安定するのでは…と思ったのです。ちなみに眼性酒さのマイボーム腺梗塞も皮脂腺の異常によって起こるそう。

なので今回は体の内側から行える皮脂・脂質異常対策をまとめてみました。

パントテン酸

『パントテン酸』は糖や脂質の代謝に必要な酵素の生産に関わるビタミンの一種。ビタミンB5と書かれている事もあります。食事からの摂取や腸内細菌によって作られる量で通常は不足する事はないそうなのですが、逆に言えば栄養不足や腸内環境の悪化によって足りなくなっている事があるかもって事ですね。酵素不足による代謝異常で脂質が上手く分解されていないタイプであればパントテン酸の摂取が皮脂の軽減につながる可能性があります。

L-プロリン

『プロリン』はアミノ酸の一種で、お肌のコラーゲンを構成するための主要な物質。コラーゲンがお肌にどれほど大切かは言わずもがなですね。アミノ酸は肉類に多く含まれているので、あまりお肉やたんぱく質を摂取していない場合は不足しているかもしれません。プロリンはコラーゲンを構成して保水力を高めてくれるので乾燥からくる皮脂過剰(インナードライ)タイプの場合はプロリンの摂取で皮脂抑制が期待できます。

ノコギリヤシ

『ノコギリヤシ』はヤシ科の植物。ホルモンバランスを調整するハーブとしても利用されていて、皮脂過剰の原因となるホルモン『ジヒドロテストステロン』の生成を抑制する効果があると言われています。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンから生成されるので、ノコギリヤシは男性ホルモンが活発化して皮脂が増えている場合に有効。
男女関係なく服用できるようですが、ホルモンバランスに影響を与えるので持病のある方や妊婦さんは医師と相談して慎重に利用してくださいね。

ラクトースフリー

ラクトースは乳製品に含まれる『乳糖』の事。この乳糖が上手く消化できない体質だと皮脂腺を刺激して脂腺増殖症を引き起こす事があるそう。リーキーガットでは乳たんぱくの『カゼイン』を避けるようにとされていましたが、これは乳糖を避けてみたらいいかもと言う話です。

酒さの患者さんでは、乳糖不耐症により引き起こされた脂腺増殖症により、毛嚢脂腺でのデモデクスの異常増殖を育ませていると言われています。
酒さと皮膚ダニ | 渋谷セントラルクリニック

上記のクリニックはブログを見てくださっている方から教えていただいたのですが、食生活やホルモンバランスなども含めて内からも外からも酒さの治療を行っているようです。医師自身が酒さを発症し、海外での治療で改善させたそうなのですが、その方法を日本でも行っているとの事。その一環としてラクトースフリーも勧めています。

食生活の見直し

これも基本的な事なのですが、暴飲暴食を避ける、質の悪い油を避けて良質な油を摂る(酸化した油やオメガ6を控えてオメガ3を摂るなど)、甘いものを控える。この辺りも皮脂の改善につながります。サプリメントを試す時は同時に食生活の見直しを行う事で早く効果を感じる事ができるかもしれませんね。

私の脂質異常症の検査結果

blood-test

血中脂質の血液検査3回分を並べました(クリックで拡大します)。
上から5/27、6/29、7/19。どれも朝食抜きの朝の血液です。特にLDLコレステロールが212→128→151と上がったり下がったり…。一応食事にも気を配っていて、体型も痩せ型という事から体質的に脂質の代謝に問題を抱えていると判断されました。
ピルの服用ももしかしたら影響しているかもと言われたので婦人科で相談してみたのですが、私の場合はピルを中止するリスクの方が高いとの事で…その他の面から脂質代謝の改善を考える事となりました。脂質異常症にも糖質制限は有効と言われているので、定期的に検査を受けながら自分の代謝能力を見極めて食事にも反映させていきたいなと思います。

そして今回紹介した『パントテン酸』をまずは注文してみました。これで代謝が改善されたらいいな。また何か変化があればお知らせしますね。

公開日:
スポンサーリンク

Comments

  • いつも拝見させてもらっています。
    自分も皮脂が過剰なタイプの酒さで、パントテン酸やノコギリヤシについて気になっています。
    パントテン酸を服用されていかがでしたか?
    効果や今試されているサプリなどあったら教えていただきたいです!

    • みーやさんコメントありがとうございます。
      パントテン酸、私には効果がかなりあったと思います。ニキビ治療のサイトで、皮脂を抑えるためには最初の1~2週間は2~3g摂取するといいというのを見て試してみたらブツブツがかなり消えて、今では月に数個ポツッとできるかな?程度です。効果を感じたらそれ以降は通常の摂取量でいいとの事だったので、今はパンテチンのサプリを購入して毎日規定量飲んでいます(パントテン酸だとLシステインを消費してしまうそうなので)。続けてもう1年くらいになるかな?肌の状態はとても安定していますよ。パンテチンは昔は脂質異常症の治療にも使われていたそうなので、私みたいに脂質の代謝に問題がある場合は期待が持てるのかなと思ったりしています。

      今使っているサプリは、脂質の代謝に関してはパントチンと難消化性デキストリンを、後はビタミンC、ビタミンB群、亜鉛。のみです。
      パントテン酸を1日2~3gとなるとサプリに表記されている摂取目安をかなり上回る飲み方になるので、もし試される場合は自己責任という事で体調には気を付けてくださいね。

現在コメント機能は休止中です。